MENU

フリーランスのWebデザイナーになるには?必要なスキルやなる方法を紹介

フリーランスウェブデザイナーになる方法

働き方が多様化する中で、「将来フリーランスのWebデザイナーとして働きたい」と思っている方もいると思います。

そこで今回はフリーランスのWebデザイナーになるのに必要なスキルやなる方法について紹介していきます。

Ryo

こんにちは!当サイトの運営をしています、Ryoです。
現在はフリーランスWebデザイナー・ライターとして活動しながらジョージア(旧グルジア)に滞在しています!
今回は僕の実体験を元に、フリーランスのWebデザイナーになる方法を紹介していきます。

目次

フリーランスのWebデザイナーの仕事内容

フリーランスのウェブデザイナーの仕事内容

それではまずフリーランスのウェブデザイナーの仕事内容について紹介します。

フリーランスとしてのウェブデザイナーの仕事内容は案件によって異なりますが、ウェブサイトのコンテンツ設計からバナー・ロゴ制作といったサイト全体のデザインの作成、またコーディングの業務など多岐に渡ります。

「ウェブデザイナーなのにコーディングもできないとダメなの?」と思われた方もいるかと思いますが、後にコーダーがコーディングをすることを考慮してサイトのデザインをできた方が良い為、ウェブデザイナーでもコーディングの知識はほぼ必須と言えます。

また実際にホームページを利用して集客を行うウェブマーケティングのスキルも持っていると、サイトの運用サポートなどのサービスを提供したり、より仕事の幅が広く需要の高いウェブデザイナーになることができます。

フリーランスのWebデザイナーの仕事内容

  • ウェブサイトのコンテンツ設計
  • サイト全体のデザインの作成
  • コーディング
  • サイトの運用サポート

Webデザイナーになるのに必要なスキル

ウェブデザイナーの仕事内容が分かったところで、次に実際にウェブデザイナーになるには「どのようなスキルが求められるのか?」を解説していきます。

特にフリーランスとして働いているウェブデザイナーの場合、仕事内容は多岐に渡るため、以下のような幅広いスキルが求められます。

Webデザイナーになるのに必要なスキル
  • コミュニケーションスキル(必須)
  • デザインスキル(必須)
  • HTML・CSSによるコーディングスキル(ほぼ必須)
  • プログラミングスキル(あると良し)
  • WordPressなどのCMS構築の知識(あると良し)
  • ウェブマーケティングスキル(あると良し)
  • 営業スキル(必須)

コミュニケーションスキル(必須)

コミュニケーションスキル

まず1つ目のスキルはコミュニケーションスキルです。

ウェブサイトのコンテンツ設計やデザインを作成していく上で、クライアントの要望を汲み取って落とし込んでいくことは大切です。

また、言われた通りにやるだけではなく、時には自分の意見を求められることもある為、しっかりとコミュニケーションを取れる能力が求められます。

デザインスキル(必須)

デザインスキル(必須)

2つ目のスキルはデザインスキルです。

ここで言うデザインスキルとは、基本的なウェブデザイン能力や「Photoshop」や「Illustrator」といったデザインツールの操作スキルを指します。

また、美しいデザインだけでなく、ユーザビリティやコンバージョンを意識したデザインができるようになれば、より需要の高いウェブデザイナーになることができます。

HTML・CSSによるコーディングスキル(ほぼ必須)

HTML・CSSによるコーディングスキル

3つ目のスキルはHTML・CSSによるコーディングスキルです。

「フリーランスのウェブデザイナーの仕事内容」箇所で理由は説明しましたが、フリーランスのウェブデザイナーの場合、デザインのみでなくコーディングもできた方が良いです。

プログラミングスキル(あると良し)

プログラミングスキル

4つ目のスキルはプログラミングスキルです。

具体的にはJavaScriptやPHPといったプログラミング言語で、フェードインなどの動きがあるウェブサイトやログイン機能の付いたウェブサイトを作る際に必要になります。

サイトに動きをつけると一気にオシャレ度が増すので、こういった実装もできるようになっておくと良いでしょう。

WordPressなどのCMS構築の知識(あると良し)

WordPressなどのCMS構築の知識

5つ目のスキルはWordPressなどのCMS構築の知識です。

ウェブサイトは作って終わりではなくその後の運用が大切なので、サイト完成後にクライアント側で更新できるといった点が重要視されます。

HTML・CSSで作ったサイトの場合、多少のコードやFTPソフトの知識がない方はサイトの更新をするのが難しいので、WordPressなどのCMSを使ってサイトを実装できるスキルがあれば良いです。

ウェブマーケティングスキル(あると良し)

ウェブマーケティングスキル

6つ目のスキルはウェブマーケティングスキルです。

ホームページは作ることが目的ではなく、それを使って見込み客を集客することが目的となります。

その為、SEOやコンテンツマーケティング、アクセス解析といったウェブマーケティング全般の知識もあると、サイト運用サポートもできる市場価値の高いウェブデザイナーになることができます。

営業スキル(必須)

営業スキル

7つ目のスキルは営業スキルです。

これはウェブデザイナーに限った話ではなく、フリーランスとして働く場合は必須のスキルになります。

スキルがあっても仕事がなければ意味がないので、SNSやブログ運用、その他イベントでの人脈作りなどを通して、自分で見込み客を見つけることができるようになる必要があります。

フリーランスのWebデザイナーになる方法

ここまででフリーランスウェブデザイナーに求められるスキルを紹介しましたが、ここからは実際にこれらのスキルを身につけてフリーランスウェブデザイナーになる方法を紹介します。

スキルを身につける方法には主に以下の3つの方法がありますが、それぞれメリットが異なりますので、それを把握した上で自分に合った方法を選ばれると良いでしょう。

スキルを身につけてフリーランスWebデザイナーになる方法
  1. 独学で知識スキルを身につける
  2. スクールに通う
  3. 就職して実務経験を積む

1. 独学で知識・スキルを身につける

独学で知識・スキルを身につける

1つ目の方法は独学で知識・スキルを身につけるという方法です。

独学の場合、分からない点をプロに聞いたりすることができない為、習得するのに時間がかかるといったデメリットがありますが、スクールに払ったりする多額の費用がかからないといったメリットがあります。

その為「時間はあるけどお金はない」「セルフスタディに自信がある」といった方はこちらの方法がおすすめです。

なおコーディングやプログラミングの習得であれば、「Progate」や「ドットインストール」といった学習サイトが安価に学習できる為おすすめ。

Progate
ドットインストール

またデザインやデザインツールの使い方などを学びたい場合は、「chot design」がおすすめです。

chot design

2. スクールに通う

スクールに通う

2つ目の方法はスクールに通うという方法です。

スクールに通う場合、費用はかかりますが、分からない点をプロに直接聞くことができるので、最短でスキルを身につけられるといったメリットがあります。

そのため、予算に余裕がある方はスクールに通うのも良いでしょう。

なお、以下の記事ではフリーランス・ウェブデザイナーになるのにおすすめのスクールをいくつか紹介しています。気になる方は、こちらも併せてご覧頂くことをおすすめします。

フリーランス・Webデザイナーが目指せるスクール

3. 就職して実務経験を積む

就職して実務経験を積む

3つ目の方法は就職して実務経験を積むという方法です。

ウェブデザイナー求人の中には、多少のコーディングやデザインに関する知識があれば、実務経験がなくても応募が可能なものがいくつかあります。

企業に勤めていれば給料をもらいながら実務の中で必要なスキルを身につけることができるので、 独学で基本的な知識を付けた後、更なる経験を積む為には一度就職するのも良いでしょう。

「事業資金を貯めながら、独立に必要なスキルを身につけたい」といった方はこちらの方法がおすすめです。

フリーランスのWebデザイナーが案件を獲得する方法

最後に、フリーランスのウェブデザイナーが案件を獲得する方法を紹介します。

他にもいくつか方法はあると思いますが、以下では3つの方法を紹介します。

フリーランスのWebデザイナーが案件を獲得する方法
  1. ブログ・SNSを使って見込み客を集客する
  2. クラウドソーシングを利用する
  3. フリーランスエージェントを利用する

1. ブログ・SNSを使って見込み客を集客する

ブログ・SNSを使って見込み客を集客する

まず1つ目はブログ・SNSを使って見込み客を集客するという方法です。

ウェブサイトを作って欲しいと考えている事業主や企業であれば、検索エンジンを使って「ウェブサイト 外注」「ウェブサイト 外注 フリーランス」といったキーワードで検索されることが考えられます。

そこで、こういったキーワードの記事を検索結果の上位に表示させることができれば、こうした見込み客に気づいてもらうことが可能です。

またブログ運営をすることでSEOやコンテンツマーケティングといったウェブマーケティング全般を学ぶことができるので、営業をしながら勉強ができるといったメリットがあります。

2. クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングを利用する

2つ目はクラウドソーシングを利用するという方法です。

クラウドソーシングとは、業務のアウトソーシングをしたいクライアントと仕事を探している個人をつなぐサービスのことを言いますが、「クラウドワークス」や「ランサーズ」といった大手クラウドソーシングサービスであれば、多くのウェブデザイン案件が登録されています。

その為、何のツテもない方であれば、クラウドソーシングに登録して自分に合った案件に応募してみると良いでしょう。

クラウドワークス
Lancers

3. フリーランスエージェントを利用する

フリーランスエージェントを利用する

3つ目は、フリーランスエージェントを利用するという方法です。

フリーランスエージェントは、フリーランスと企業の仲介に入って、営業活動や契約締結までの業務を代行してくれるサービスです。

また、フリーランスエージェントを利用することで、1人ひとりのスキルや経験に合わせた最適な案件を紹介してくれます。そのため、営業に自信がない方やそもそも営業をしている時間がない方は、フリーランスエージェントを利用されると良いでしょう。

なお、フリーランス・ウェブデザイナーにおすすめのフリーランスエージェントについては、以下の記事で詳しく解説しています。興味がある方はこちらもご覧頂くことをおすすめします。

Webデザイナーにおすすめのフリーランスエージェント

まとめ・フリーランスのWebデザイナーになる方法!

まとめです。今回はフリーランスのWebデザイナーになる方法を紹介しました。

スキルを身につけてフリーランスWebデザイナーになる方法
  • 独学で知識スキルを身につける
  • スクールに通う
  • 就職して実務経験を積む

将来フリーランスのウェブデザイナーになりたいと思っている方は、まずは本記事で紹介した必要なスキルの勉強を身につけることをおすすめします。

また、スキルの身につけ方には、「①独学」「②スクールに通う」「③就職して実務経験を積む」の3つがあります。

それぞれ異なるメリットがあるので、それらを把握して自分にあった方法でフリーランスウェブデザイナーに必要なスキルを身につけていって下さい。

なお、PLUSONEWEBでは他にもフリーランス・ウェブデザイナーに関する知識系記事を紹介しています。興味がある方はこちらも合わせてご覧下さい。

フリーランス・Webデザイナー知識記事

今回は以上になります。最後までご覧頂き、ありがとうがとうございます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

著者情報

大学卒業後フィリピンで日本語教師としてのキャリアを始め、現在はフリーランスWebデザイナー・ライターとして活動しながらジョージア(旧グルジア)に滞在中。

目次