【WPプラグイン】EWWW Image Optimizerの使い方・設定方法

EWWW image optimizerの使い方
本記事にはPR広告が含まれています。

本記事にはPR広告が含まれています。掲載されている広告についての詳細はプライバシーポリシーをご参照ください。

画像の圧縮はWebサイトの表示スピードに大きく影響します。

そのため、WordPressサイトに画像をアップロードする際は、できるだけ画像サイズを圧縮してからアップロードするのが良いです。

しかし、WordPressのメディア上にすでにアップロードしてしまった画像をいちいち圧縮しなおしてアップロードしなおすのは大変です。

そこで今回は、すでにアップロードしてしまった画像でも一括で最適化できるWordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer」の使い方・設定方法を紹介します。

Webサイトの表示スピードが遅くて困っている方は、本記事を参考に「EWWW Image Optimizer」の設定をしてみてください。

本記事の情報は2024年2月に更新されています。

本記事をご覧になっている時期によっては設定画面が異なっている場合があるため、予めご了承お願い致します。

目次

EWWW Image Optimizerとは?

EWWW Image Optimizer

EWWW Image OptimizerはWordPressの画像最適化プラグインです。

このプラグインを使用することで、これからアップロードする画像のファイルサイズを圧縮したり、すでにアップロード済みの画像のファイルサイズを一括で最適化することができます。

EWWW Image Optimizerでできること

  • これからアップロードする画像のファイルサイズ圧縮
  • すでにアップロード済みの画像の一括最適化

また、操作方法は後ほど解説しますが非常にシンプルです。サイトレスポンスに悩んでいる方は導入することをおすすめします。

EWWW Image Optimizerのインストール方法

EWWW Image Optimizerは公式ディレクトリからインストールできます。

「プラグイン>新規プラグインを追加」をクリックします。

プラグイン>新規プラグインを追加

「EWWW Image Optimizer」で検索し、出てきたこちらのプラグインをインストールします。

EWWW Image Optimizerをインストール

有効化します。

EWWW Image Optimizerを有効化

以上でプラグインのインストールが完了です。

プラグインが有効化されると、設定メニュー内に「EWWW Image Optimizer」という項目が追加されます。

設定>EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerの基本設定

EWWW Image Optimizerのインストールができたら、はじめに以下の設定を行っておきましょう。

EWWW Image Optimizerの基本設定
  • 画像のメタデータ削除
  • リサイズ幅・高さの上限設定
  • WebPへの変換設定

画像のメタデータ削除

まずは画像のメタデータ削除の設定を行いましょう。

画像のメタデータとは、「画像を撮影した場所」や「カメラ機種」など画像に含まれるデータのことです。

「設定>EWWW Image Optimizer」をクリックします。

設定>EWWW Image Optimizer

初回は以下の画面が出てくるので、「サイトを高速化」「今は無料モードのままにする」にチェックを入れて「次」をクリックします。

「サイトを高速化」「今は無料モードのままにする」にチェック

「メタデータを削除」「遅延読み込み」「WebP変換」にチェックが入っていることを確認し、「設定を保存」をクリックします。

ここで「メタデータを削除」にチェックを入れておくことで、画像のメタデータを削除してくれるようになります。

サイトの推奨設定のままか設定を保存

「完了」をクリックします。

初期設定ウィザードを完了する

これで、画像のメタデータ削除設定は完了です。

初期設定ウィザードが表示されなかった場合

初期設定ウィザードが表示されなかった場合は、以下の方法で画像のメタデータ削除設定を行いましょう。

「設定>EWWW Image Optimizer」をクリックします。

設定>EWWW Image Optimizer

「基本」タブを下にスクロールすると、「メタデータを削除」という項目があるので、チェックを入れて保存します。

「設定>EWWW Image Optimizer」の基本タブ内に「メタデータを削除」と書かれた項目がある

リサイズ幅・高さの上限設定

デフォルトでは、横幅・高さの上限がそれぞれ1920pxと設定されており、これを超える場合はリサイズされるように設定されています。

この数値を変更したい場合は「基本」タブの「画像のリサイズ」で上限を設定できます。

上限を設定したくない場合は値を「0」と設定することで、その方向へのリサイズが行われなくなります。

上限を設定したくない場合は値を「0」と設定する

0と設定した場合でも、WordPressのデフォルト機能により横幅・高さ2560pxを超える画像についてはリサイズされるようになります。

その他、リサイズに関する設定は「ルディクロスモード」を有効化することで実施できます。「ルディクロスモード」をクリックします。

「ルディクロスモード」をクリック

そうすると、上部タブが追加されます。この中の「リサイズ」タブで、リサイズに関する設定ができます。

「リサイズ」タブ

アップロード済みの画像もリサイズしたい場合は、「既存の画像をリサイズ」「他の画像をリサイズ」にチェックを入れて、変更を保存しておきましょう。

「既存の画像をリサイズ」「他の画像をリサイズ」にチェック

WebPへの変換設定

EWWW Image OptimizerではGoogleが開発した次世代画像フォーマット「WebP」への変換を行うことで、より画像を軽量化できます。

まず「基本」タブの下にある「WebP変換」にチェックが入っていることを確認します。入っていない場合は、チェックを入れましょう。

「WebP変換」にチェックが入っていることを確認

次に、「WebPの配信方法」に記載のコードをコピーし、.htaccessファイルにペーストします。

<IfModule mod_rewrite.c>
	RewriteEngine On
	RewriteCond %{HTTP_ACCEPT} image/webp
	RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} (.*)\.(jpe?g|png|gif)$
	RewriteCond %{REQUEST_FILENAME}\.webp -f
	RewriteCond %{QUERY_STRING} !type=original
	RewriteRule (.+)\.(jpe?g|png|gif)$ %{REQUEST_URI}.webp [T=image/webp,L]
</IfModule>
<IfModule mod_headers.c>
	<FilesMatch "\.(jpe?g|png|gif)$">
		Header append Vary Accept
	</FilesMatch>
</IfModule>
AddType image/webp .webp

.htaccessファイルはWordPressインストールディレクトリ内に存在します。

.htaccessファイルの場所

コードは、.htaccessファイルの一番下に貼り付ければOKです。

.htaccessファイル内にコードを貼り付けている画像

以上で、ブラウザをリフレッシュし「WebPルールが正常に検証されました」と表示されていれば、WebPの設定が完了です。

WebPの設定完了画面

EWWW Image Optimizerの使い方

前述したように、EWWW Image Optimizerを使用すると、新規でアップロードする画像を圧縮したり、アップロード済みの画像を一括で圧縮・最適化できます。

以下ではそれぞれの方法を詳しく解説します。

EWWW Image Optimizerの使い方
  • 新規でアップロードする画像を圧縮する方法
  • アップロード済みの画像を一括で圧縮・最適化する方法

新規でアップロードする画像を圧縮する方法

新規でアップロードする画像を圧縮したい場合は、特別な設定は必要ありません

EWWW Image Optimizerをインストールした時点から、新規でアップロードする画像に関しては自動でファイルサイズが最適化されるようになっています。

最適化されたファイルは「〇〇%を減少」と記載されている

上の画像では、「95.8%(5.7MB)」のサイズ圧縮に成功しています。

アップロード済みの画像を一括で圧縮・最適化する方法

すでにアップロード済みの画像を一括で最適化したい場合は、「メディア>一括最適化」をクリックします。

メディア>一括最適化

「最適化されていない画像をスキャンする」をクリックします。

「最適化されていない画像をスキャンする」をクリック

メディアライブラリ内の最適化が必要な画像が全て表示されるので、「○○点の画像を最適化」をクリックします。

「○○点の画像を最適化」をクリック

スキャンされた画像の枚数によりかかる時間は変わりますが、全ての画像が最適化されたら画面上部に「完了」と表示されます。

一括最適化の完了画面

まとめ

今回はWordPressの画像最適化プラグイン「EWWW Image Optimizer」の使い方や設定方法を紹介しました。

Webサイトの表示スピードが遅くて困っている場合、画像のリサイズ・最適化を行わず、そのままアップロードしていることが原因の1つに考えられます。

WordPressサイトの表示スピードを改善したいと考えている方は、ぜひEWWW Image Optimizerを導入してみてください。

今回は以上になります。最後までご覧頂きありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

【初心者歓迎】WordPressホームページ作成講座を始めました!

教えたいと学びたいをつなぐまなびのマーケット「ストアカ」にて、WordPressホームページ作成講座を開講しています。

初心者でもノーコード・ローコードで質の高いホームページを作る方法を0から学習!受講生1人ひとりに合わせたカリキュラムで初心者でも無理なく学べます。

ブログ・ホームページの自作に興味がある方は、ぜひ講座内容をチェックしてみて下さい。

著者情報

Ryoのアバター Ryo サイト運営者

Web系フリーランス4年目。

WordPressを使った企業サイト制作・改修やSEOを生業としています。

お仕事のご依頼はお問い合わせよりお願いします。(依頼可能業務については運営者情報ページに記載しております。)

目次