ロリポップ!でWordPressブログ・サイトを開設する方法

ロリポップ!でWordPressブログ・サイトを開設する方法
本記事にはPR広告が含まれています。

本記事にはPR広告が含まれています。掲載されている広告についての詳細はプライバシーポリシーをご参照ください。

今回はコスパよくWordPressを始めたい方におすすめのレンタルサーバー「ロリポップ!」でWordPressブログ・サイトを開設する方法を解説します。

ロリポップでは、WordPressに対応したサーバーが月額換算220円(税込)から利用できます。

また、下位プランでもサーバースペックが高く、メールやチャットによるサポートも充実しています。

コスパよくWordPressを始めてみたい方は、ロリポップを検討してみて下さい。

本記事の情報は2024年4月確認時点での情報をもとに執筆されています。

本記事をご覧になっている時期によっては掲載している数値・内容が異なっている場合があるため、予めご了承お願い致します。

目次

【始めに】ロリポップ!のプラン比較・おすすめプラン

ロリポップ!

ロリポップには、サーバースペックの違いやサポートの手厚さに応じて、5つのプランが存在します。

各プランでは契約期間が「1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月・24ヶ月・36ヶ月」の中から選択でき、長期契約を結ぶほど割引が適用されます。

個人・小規模ビジネス向けビジネス・収益化ブログ向け
プラン名エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
初期費用0円
月額料金(税込)1ヶ月198円550円1,100円1,430円2,640円
3ヶ月198円495円1,045円1,320円2,640円
6ヶ月198円462円935円1,210円2,420円
12ヶ月198円418円770円990円2,365円
24ヶ月198円352円605円935円2,255円
36ヶ月98円220円440円550円2,200円
容量(SSD)
※ファイル容量、メール容量、データベース容量の合算値。
120GB350GB450GB500GB1.2TB
ファイル数上限100,000300,000500,0001000,000
転送量無制限
WebサーバーNginx + ApacheNginx + LiteSpeed
独自ドメイン50200300無制限
ドメイン永久無料特典なし2個無料対象
SSL対応あり
MySQL8なし50100無制限
WordPress簡単インストールなしあり
自動バックアップなし無料(復元も無料)
独自ドメインメールアドレス作成数ドメイン毎に20無制限
メールアドレス毎の容量1GB5GB20GB
サポートメール:48時間以内
チャット:あり
電話:なし
メール:48時間以内
チャット:あり
電話:あり
メール:24時間以内
チャット:あり
電話:あり

参考:ご利用料金 – ロリポップ!レンタルサーバー

なお、WordPressはライト以降のプランで利用することができます。

ライトプランでも個人・小規模ビジネス用途に十分な機能を備えているので、気軽にWordPressを始めたい方はライトプランがおすすめです。

一方、よりサーバー速度と安定性を重視したい方は、Webサーバーに「LiteSpeed」が使用されているハイスピードプラン以降のプランを選択すると良いでしょう。

本記事では、ライトプランを使ってWordPressをインストールしていく手順を解説します。

ロリポップ!の申し込み手順

ロリポップの公式サイトにアクセスします。

「10日間無料ではじめる」をクリックします。

「10日間無料ではじめる」をクリック

申し込みたいプランの上で「10日間無料でお試し」をクリックします。

「10日間無料でお試し」をクリック

ロリポップのドメイン(初期ドメイン)として任意の文字列を入力し、パスワード・連絡先メールアドレスを設定したら「同意して本人確認へ」をクリックします。

アカウント情報入力画面

電話番号を入力し、「認証コードを送信する」をクリックします。

電話番号を入力し、「認証コードを送信する」をクリック

認証コードが届くので、コードを入力し「認証する」をクリックします。

認証コードを入力し「認証する」をクリック

以上でSMS認証が完了しました。

続いて会員情報を入力する画面が出てくるので、必要な情報を記載し「お申込み内容確認」をクリックします。

上の画像では、クレジットカード登録にチェックを入れていませんが、10日間のお試し期間後も継続して利用する予定の方はチェックを入れておきましょう。
また、本記事では「WordPress同時インストール」機能は使わずにWordPressをインストールする手順をご紹介します。

入力内容を確認し、問題がなければ「無料お試し開始」をクリックします。

「無料お試し開始」をクリック

これで申し込みが完了です。

ロリポップの申し込み完了画面

独自ドメインにWordPressをインストールする方法(ムームードメイン)

ロリポップでは独自ドメインの取得ができないため、ドメインに関しては別途ドメイン取得サービスに登録し、購入する必要があります。

ここでは「ロリポップ」と同じ運営元のドメイン取得サービス「ムームードメイン」を使用し、独自ドメインの取得、およびWordPressをインストールする手順を詳しく解説します。

独自ドメインにWordPressをインストールする方法(ムームードメイン)
  1. ムームードメインのアカウントを作成する
  2. ムームードメインで独自ドメインを取得する
  3. ロリポップで独自ドメインの設定&WordPressをインストールする

1. ムームードメインのアカウントを作成する

ムームードメインの公式サイトにアクセスします。

「ログイン」をクリックします。

「ログイン」をクリック

「新規登録する」をクリックします。

「新規登録する」をクリック

メールアドレスと任意のパスワードを入力し、「本人確認へ」をクリックします。

SMS認証による本人確認画面が表示されるので、確認コードの受け取り方法と電話番号を入力し、「認証コードを送信する」をクリックします。

「認証コードを送信する」をクリック

「本人確認をして登録する」をクリックします。

「本人確認をして登録する」をクリック

以上でユーザー登録が完了しました。

お名前.comのユーザー登録完了画面

続いて、ユーザー登録完了画面を閉じ、「コントロールパネル」をクリックします。

「コントロールパネル」をクリック

「OK」をクリックします。

「OK」をクリック

お客様情報を入力し、「更新」をクリックします。

お客様情報を入力し、「更新」をクリック

「OK」をクリックします。

「OK」をクリック

以上でユーザー登録情報の修正が完了です。

ユーザー登録情報の修正完了画面

2. ムームードメインで独自ドメインの登録&ネームサーバーを変更する

「ドメイン取得・移管>ドメインを検索」からドメインを購入します。

ドメイン取得・移管>ドメインを検索

ドメインに使用したい任意の文字列を入力し、「検索する」をクリックします。

ドメインに使用したい任意の文字列を検索

「カートに追加」をクリックします。

「カートに追加」をクリック

「お申し込みへ」をクリックします。

「お申し込みへ」をクリック

「高度な設定:ネームサーバー(DNS)を設定する」をクリックします。

「高度な設定:ネームサーバー(DNS)を設定する」をクリック

ネームサーバー(DNS)に「ロリポップ!」を選択し、お支払い方法の設定をした後で「次のステップへ」をクリックします。

ネームサーバー(DNS)に「ロリポップ!」を選択し、お支払い方法の設定をした後で「次のステップへ」をクリック

ネームサーバー設定とは?

ネームサーバー設定は、ドメイン名と利用するサーバー(Webサーバー・メールサーバー)を結びつける設定のことです。

上図では、ネームサーバーとして「ロリポップ!」を指定していますが、こうすることでドメインにアクセスした際、ロリポップ上に設置したホームページが表示されるようになります。

「下記の規約に同意する」にチェックを入れ、「取得する」をクリックします。

「下記の規約に同意する」にチェックを入れ、「取得する」をクリック

以上でドメインの取得が完了です。

ドメインの取得完了画面

ドメイン取得後に、「【重要】[ムームードメイン] ドメイン 情報認証のお願い」というメールが届く場合があります。

【重要】[ムームードメイン] ドメイン 情報認証のお願い

その場合は、メール本文に記載のURLをクリックし、ドメイン情報認証を終わらせるようにしましょう。

メール本文に記載の対応期日までに行わない場合、該当ドメインが一時停止されてしまうので注意が必要です。

3. ロリポップで独自ドメインの設定&WordPressをインストールする

最後に、ロリポップで取得した独自ドメインを設定し、WordPressをインストールします。

ロリポップの公式サイトにアクセスします。

ロリポップ公式サイト

「ログイン>ユーザー専用ページ」をクリックします。

ログイン>ユーザー専用ページ

ロリポップの初期ドメインとパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。

ロリポップの初期ドメインとパスワードを入力し、「ログイン」をクリック

ユーザー専用ページにアクセスできたら、「サーバーの管理・設定>独自ドメイン設定」をクリックします。

「設定する独自ドメイン」と「公開(アップロード)フォルダ」に取得した独自ドメインを入力し、「独自ドメインをチェックする」をクリックします。

独自ドメインを入力し、「独自ドメインをチェックする」をクリック

「設定」をクリックします。

「設定」をクリック

「OK」をクリックします。

「OK」をクリック

これで独自ドメインの設定ができました。

続いてWordPressをインストールしていきます。

「サイト作成ツール>WordPress簡単インストール」をクリックします。

サイト作成ツール>WordPress簡単インストール

WordPressのインストール先・設定の各種項目を入力して、「入力内容確認」をクリックします。

※ここで設定するユーザー名・パスワードはWordPress管理画面へのログイン時に使います。

WordPressのインストール先・設定の各種項目を入力して、「入力内容確認」をクリック

「承諾する」にチェックを入れて「インストール」をクリックします。

「承諾する」にチェックを入れて「インストール」をクリック

以上で独自ドメインにWordPressがインストールされました。

WordPressインストール完了画面

独自ドメインをURLバーに入力すると、以下のような画面が表示されます。

CocoonがインストールされているWordPressサイトの状態

独自ドメイン設定したばかりのドメインの場合は、「このサイトにアクセスできません」と表示されることがあります。

このサイトにアクセスできません

その場合は、時間を空けてから再度サイトにアクセスしてみて下さい。

WordPressインストール後に最低限やっておくべきこと

WordPressインストール後に最低限やっておくべきことは以下の通りです。

1つひとつ確認していきましょう。

WordPressインストール後に最低限やっておくべきこと
  1. ダッシュボードへのログイン確認
  2. SSL化
  3. セキュリティプラグインのインストール
  4. バックアッププラグインのインストール

ダッシュボードへのログイン確認

まずはダッシュボードへログインできるか確認しましょう。

ログイン画面を表示するには「http(s)://ドメイン名/wp-admin/」とURLバーに記載します。

WordPress管理画面へのURL

ログイン画面が表示されたら、WordPress簡単インストールの際に設定したユーザー名、パスワードを入力し、「ログイン状態を保持する」にチェックを入れたらログインします。

WordPress簡単インストールの際に設定したユーザー名、パスワードを入力し、「ログイン状態を保持する」にチェックを入れたら「ログイン」をクリック

以上でダッシュボードにログインできました。

SSL化

次にWordPressをSSL化しましょう。

SSL化とは、Webサイトと閲覧ユーザーの間の通信を暗号化する仕組みのことを言います。

SSL化を行うと、URLが「http」から「https」に代わり、URLバーの隣に「この接続は保護されています」と表示されるようになります。

「この接続は保護されています」アイコン

セキュリティを強固にする上で重要なので、必ず設定しておきましょう。

ロリポップでWordPressをSSL化する設定手順は以下の通りです。

ロリポップ!でWordPressをSSL化する設定手順
  1. サーバー側で無料独自SSLを設定する
  2. WordPressアドレスとサイトアドレスを「https」に変更する
  3. 常時SSLの設定を行う

1. サーバー側で無料独自SSLを設定する

ロリポップのユーザー専用ページを開き、「セキュリティ>独自SSL証明書導入」をクリックします。

セキュリティ>独自SSL証明書導入

独自SSLを設定したいドメイン(wwwなし・あり両方)にチェックを入れて、「独自SSL(無料)を設定する」をクリックします。

「独自SSL(無料)を設定する」をクリック

以上で無料の独自SSLの設定ができました。

設定直後は「SSL設定作業中」となっていますが、数分すると「SSL保護有効」と表示されます。

設定直後は「SSL設定作業中」となっていますが、数分すると「SSL保護有効」と表示される

2. WordPressアドレスとサイトアドレスを「https」に変更する

ロリポップ上で無料独自SSLの設定ができたら、WordPressのダッシュボードに入りましょう。

「設定>一般」をクリックします。

設定>一般

WordPress アドレス、サイトアドレスに記載のURLの始まりを「http」から「https」に書き換えて、画面下の「変更を保存」をクリックします。

WordPress アドレス、サイトアドレスに記載のURLの始まりを「https」に変更

そうすると、再度ログインが求められるので、WordPressにログインし設定が完了です。

3. 常時SSLの設定を行う

現段階では「http」と「https」の両方でWebサイトにアクセスできるようになっています。

そのため、「http」にアクセスされたら「https」にリダイレクトされるよう設定(常時SSL化)する必要があります。

ロリポップのユーザー専用ページで、「サーバーの管理・設定>ロリポップ!FTP」をクリックします。

サーバーの管理・設定>ロリポップ!FTP

独自ドメインのフォルダをクリックします。

独自ドメインのフォルダをクリック

「.htaccess」ファイルをクリックします。

「.htaccess」ファイルをクリック

.htaccessファイルの編集画面が表示されるので、以下のコードをファイルの一番上にペーストし「保存する」をクリックします。

リダイレクト設定のコードを貼り付け保存する
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

これで「http」にアクセスすると「https」にリダイレクトされるようになりました。

セキュリティプラグインのインストール

次に、セキュリティプラグインをインストールしましょう。

WordPressは世界中で使用されている人気CMSですが、その分ハッキング被害に遭うことも少なくなく、適切なセキュリティ対策を施しておく必要があります。

セキュリティプラグインには様々なものがありますが、おすすめは「Wordfence Security」や「SiteGuard」、「XO Security」などです。

「XO Security」のインストール・設定方法については以下の記事で解説しているので、ぜひこちらもご覧ください。

バックアッププラグインのインストール

最後にバックアッププラグインをインストールしましょう。

WordPressに万が一のことがあってもバックアップを取っていれば復元できます。

バックアッププラグインのおすすめには「BackWPup」や「UpdraftPlus」、「Duplicator」などがあるので、どれか1つをインストトールしておきましょう。

「BackWPup」のインストール・設定方法については以下の記事で解説しているので、ぜひこちらもご覧ください。

まとめ

今回は人気レンタルサーバー「ロリポップ!」でWordPressをインストールする方法を解説しました。

コスパよくWordPressを始めたい方はぜひロリポップを検討してみて下さい。

今回は以上になります。最後までご覧頂き、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

【初心者歓迎】WordPressホームページ作成講座を始めました!

教えたいと学びたいをつなぐまなびのマーケット「ストアカ」にて、WordPressホームページ作成講座を開講しています。

初心者でもノーコード・ローコードで質の高いホームページを作る方法を0から学習!受講生1人ひとりに合わせたカリキュラムで初心者でも無理なく学べます。

ブログ・ホームページの自作に興味がある方は、ぜひ講座内容をチェックしてみて下さい。

著者情報

Ryoのアバター Ryo サイト運営者

Web系フリーランス4年目。

WordPressを使った企業サイト制作・改修やSEOを生業としています。

お仕事のご依頼はお問い合わせよりお願いします。(依頼可能業務については運営者情報ページに記載しております。)

目次