iPhoneからの自社アクセス除外!AdFilterの設定手順

先日の記事では、PCからの自社アクセス除外の際、使用するツールGoogle Analytics オプトアウト アドオンの設定手順についてを説明しました。

今回は、スマホ、iPhoneからの自社アクセスの除外の際に使用するツールAdFilterの設定手順について解説していきます。

Adfilterではアプリ側での設定とiPhone側での設定を行わなければならないので、以下で順に解説します。

目次

AdFilterのアプリ側での設定

まずAdFilterをApp Storeからダウンロードしましょう。

以下がAdFIlterのアイコンです。

ダウンロードできたら、アプリを開いてください。

アプリが開くと下の画面が出てきます。

下の写真の通りに、順にタッチしていってください。

画面下部にある高度なブロックをタッチ。

画面上部にある、Googleアナリティクスをオンにして、サイト別設定をタッチ。

右上のプラスマークをタッチし、ドメイン入力欄に対象となるサイトのドメインを入力後、保存ボタンをタッチ。

これでアプリ側での設定は完了です。

AdFilterのiPhone側での設定

iPhoneの設定からSafariをタッチします。

Safariのメニューが開いたら、下の写真の通りに、順にタッチしていってください。

コンテンツブロッカーをタッチ。

AdFilterをオンにする。

これでiPhone側の設定も完了です。

まとめ

以上で、iPhoneからの自社アクセスの除外の際に使用するツールAdFilterの設定手順についての解説を終了します。

ちなみにAndroidではAdFilterではなく、Adblockerと呼ばれるツールを使って、自社アクセスの除外が行えるそうなので、Androidをお使いの方はそちらを調べてみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる