Googleアナリティクスに登録した後、最初に設定しておくべきこと

今回の記事ではGoogleアナリティクスに登録した後、最初に設定しておくべきことについてを紹介したいと思います。

Googleアナリティクスに登録した後でもこれらの設定ができていないと正確なアクセス解析ができないので、真っ先に設定しておくようにしましょう。

なお、まだGoogleアナリティクスの登録がお済みでない方はこちらの記事より、先に登録を済ませてから本記事を読み進めていくようにして下さい。

目次

関係者のサイトへのアクセスの除外設定

まず1つ目に設定しておくべきことは、サイト関係者のサイトへのアクセスの除外設定です。

サイト関係者はサイトの動作確認等を行なったりする為に、サイトに頻繁に訪れます。

その為、関係者のアクセスが計測されてしまうと実際のアクセス数よりも大幅に多いアクセス数が計測されてしまい、実際のリアルなデータがとれなくなってしまいます。

そこで、サイト関係者のサイトへのアクセスの除外設定をする必要があるのですが、アクセス除外の設定方法は2つあり、1つ目がIPアドレスを使った除外の設定です。

こちらは普段同じ場所の同じルーターを通してサイトへアクセスする方に適している方法で、Googleアナリティクスのフィルタ機能を使った方法になります。

そして2つ目の方法は、こちらは普段場所に縛られずに働いている方に適している方法で、Google Chromeの拡張機能を使ってGoogleアナリティクスにトラッキングビーコンを飛ばすのを防ぐ方法です。

ただしこちらの方法では、Google Chrome以外のブラウザからサイトをアクセスした場合のアクセスは計測されてしまうので、この点には注意しておかなければなりません。

開発環境へのアクセスの除外設定

2つ目に設定しておくべきことは、開発環境へのアクセスの除外設定です。

開発環境にあるウェブサイトは本番環境と同様のものが存在していると思いますので、Googleアナリティクスのトラッキングコードが埋め込まれている状態だと思います。

その場合、開発環境を表示する度にもトラッキングビーコンが飛んでしまうことになり、本番環境のウェブサイトへの正しいアクセスが計測できない原因になってしまいます。

その為、開発環境へのアクセスの除外設定もしっかり行うようにしましょう。

開発環境へのアクセスの除外設定は、関係者のサイトへのアクセスの除外設定でも使用したGoogleアナリティクスのフィルタリング機能を使用します

コンバージョンの設定、目標登録設定

3つ目に設定しておくべきことは、コンバージョンの設定、目標登録設定です。

コンバージョンとは、サイト運営者がサイト訪問者に期待しているホームページの中で起こしてもらいたいアクションのことであり、例えばコーポレートサイトであれば、お問い合わせ完了ページに到達してもらうことであったり、資料請求ボタンが押されることであったりします。

このコンバージョンが設定されていなければ、そもそも何をもってサイトのパフォーマンスが改善したと言えるのか?がはっきりしなくなり、マーケティング活動が行えなくなるので、Googleアナリティクスに登録したら、すぐにコンバージョンの設定をするようにしましょう。

以下の記事では、Googleアナリティクスを使ってコンバージョンとして設定できる項目にはどんなものがあるのか?についてや、それをコンバージョンとして計測するにはどのように設定すればいいのかについてなどを紹介しておりますので、こちらの記事もあわせてお読み下さい。

Googleサーチコンソールとの連携

4つ目に設定しておくべきことは、Googleサーチコンソールとの連携です。

Googleサーチコンソールは、ウェブサイトへの訪問者がサイトを訪れる前にどんな行動をとっているのか?についてを把握する為に使用されるGoogleツールで、サイトへの流入の際に使われた検索キーワードや、サイトスニベットが表示された回数、クリックされた回数などについて知ることができます。

これらのデータは、Googleアナリティクスだけでは計測することのできないデータである為、Googleサーチコンソールと連携し、GoogleサーチコンソールのデータをGoogleアナリティクス上で見られるようにしておくと便利です。

こちらの設定は必須ではありませんが、設定しておくとメリットが大きいので、Googleサーチコンソールとの連携を済ませておくことをおすすめします。

また、Googleサーチコンソールと連携するにはGoogleサーチコンソールへの登録を済ませておく必要があるので、まだ登録が住んでいない方はこちらの記事より、先に登録を済ませておくようにして下さい。

まとめ

以上、Googleアナリティクスに登録した後、最初に設定しておくべきことについてを紹介しました。

サイトによっては今回紹介した設定項目だけでなく+αの設定を必要とする場合もあるかと思いますが、今回紹介した設定項目はどんなタイプのウェブサイトでも必ず設定しておくべき設定項目ですので、忘れず設定するようにしましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる