MENU

フリーランスって大変!?疲れた時に気持ちを切り替えるおすすめ方法

フリーランスで疲れた時の気持ちの切り替え方法!

周りから見ると一見、人生を謳歌しているように見えるフリーランス生活。

でも実際には多くの悩みや不安を抱えて仕事をしているフリーランスの方がほとんどなのではないでしょうか?

そこで今回はフリーランスとして働く上で大変と感じることや、疲れたと感じた時に気持ちを切り替える方法を紹介していきたいと思います。

Ryo

こんにちは!当サイトの運営をしています、Ryoです。
現在はフリーランスWebデザイナー・ライターとして活動しながらジョージア(旧グルジア)に滞在しています!
今回は僕の実体験を元に、フリーランスの大変な事や気持ちの切り替え方法を紹介していきます。

目次

フリーランスで大変な事【5選】

フリーランスとして働いているとよく「毎日好きなところで好きなだけ働けて楽しそう!」と言われることがあります。

確かにSNS上ではフリーランスとして働く事の良い面ばかりを発信している為、側から見ると楽しい面だけが目立っているかもしれません。

ただし、実際にはフリーランスはほぼ毎日が不安との戦いです。

そこで以下ではフリーランスとして働く上で大変だと感じることをいくつか挙げていきます。

フリーランスとして働く上で大変な事
  1. 成果物がないと報酬が支払われない
  2. 愚痴を言える同僚がいない
  3. 営業を自分でしないといけない
  4. プライベートと仕事の境目が曖昧になる
  5. 確定申告を自分でしなければならない

1. 成果物がないと報酬が支払われない

成果物がないと報酬が支払われない

まず1つ目の大変な事は、成果物がないと報酬が支払われないという点です。

これはライターやウェブ制作を行っている方で請負契約を結んでいる場合に言える事ですが、請負契約の場合、「成果物」を納品しないと報酬は支払われません。

また成果物の質が落ちれば、自身の今後の仕事にも影響するので、常に質の高い成果物を納品するように心がけて仕事をする必要があります。

2. 愚痴を言える同僚がいない

愚痴を言える同僚がいない

2つ目は、愚痴を言える同僚がいないという点です。

会社員であれば仕事で失敗したり、大変な事があった際は苦労を共にする同僚に相談することができます。

ただし、フリーランスの場合は基本1人で働くことになるので相談することができません。

なおこれに関しては、同じ職種のフリーランス仲間を作ることで寂しさを紛らわせることが可能です。

3. 営業を自分でしないといけない

営業を自分でしないといけない

3つ目は、営業を自分でしないといけないという点です。

会社に所属していると、基本的に営業は営業部が行い、自分は自分が担当する業務をこなしておけば問題ありませんが、フリーランスの場合は全てを1人で行う必要があります。

その為、スキルを高めるだけでなく常に新規顧客を見つけて仕事を取ってくる努力を続けなければなりません。

フリーランスとして働いている人の中には、スキルのレベルは高くても営業が苦手で仕事がないといった人もいたりするので、「スキルがあればなんとかなる」というものでもないのがフリーランスの難しさの1つです。

4. プライベートと仕事の境目が曖昧になる

プライベートと仕事の境目が曖昧になる

4つ目は、プライベートと仕事の境目が曖昧になるという点です。

特にフリーランスとして働き始めたばかりの頃は「安定した収入を確保したい」といったプレッシャーから自主的に休むといったことが難しく、気が付いたら1ヶ月間1日も休みを取っていなかったという事が多々あります。

この状況が続くと、「自由に働く為にフリーランスになったのに、会社員時代よりも仕事しかしていない…。」といった事になりかねませんので、どこかでプライベートと仕事の線引きをする必要があります。

5. 確定申告を自分でしなければならない

確定申告を自分でしなければならない

5つ目は、確定申告を自分でしなければならないという点です。

会社員であれば、これらの手続きを経理や総務にやってもらうことができますが、フリーランスの場合は自分で勉強してやらなければなりません。

ある程度収入に余裕のある方であれば、これらの業務を税理士に頼んでやってもらうことも可能ですが、そうでない方にとっては本来の仕事に加えて領収書の整理や会計ソフトへのデータの打ち込みなどを行わなければならないので結構大変です。

疲れた方必見!おすすめの気持ちの切り替え方法

ここまででフリーランスとして働く上で大変な事を紹介しましたが、次は疲れた時に試してみてもらいたい気持ちの切り替え方法を紹介します。

フリーランスは大変な事も多いですが、反面楽しい事も多くやりがいがあります。

そこで、疲れた時はその都度以下の紹介しているリフレッシュ方法を試してみて下さい。

疲れた時に試して欲しい気持ちの切り替え方法
  1. 旅に出る
  2. フリーランスの集まりに顔を出す
  3. 思い切って何もしない

1. 旅に出る

旅に出る

1つ目のリフレッシュ方法は、旅に出るという方法です。

常に家にこもって仕事をしていると精神的なストレスが溜まり、その結果として成果物の質も落ちてしまうといったことになりかねません。

そこで、家でこもって仕事をしないで旅行をしながら働く場所を変えてみることをおすすめします。

旅先で新しいものを見たり感じたりすることはとても良いリフレッシュになり、仕事の生産性も格段に上がること間違いなしです。

2. フリーランスの集まりに顔を出す

フリーランスの集まりに顔を出す

2つ目のリフレッシュ方法は、フリーランスの集まりなどに顔を出すという方法です。

仕事が大変な時や悩みを抱えている時、それを誰かに打ち明けたり相談したりすることは大きなストレス発散になります。

ただしフリーランスの場合、相談できる同僚がいない方が多いと思うので、そういった方はフリーランスの集まりに顔を出してみると良いでしょう。

同じ悩みを抱えながら頑張っているフリーランス仲間を見ると、新たなモチベーションにもなるはずです。

3. 思い切って何もしない

3つ目のリフレッシュ方法は、思い切って何もしないという方法です。

フリーランスになると前述したようにプライベートと仕事の境目がなくなり、オーバーワークをしてしまうことが多々あります。

働き過ぎるとストレスの原因になり、また仕事の効率の落ちてしまうので思い切って「何もしない」ことを実践してみることをおすすめします。

まとめ・フリーランスは気持ちの切り替えが大切!

まとめです。今回は実体験を元にフリーランスの大変な事や疲れた時に気持ちを切り替える方法を紹介しました。

フリーランスとして働く上で大変な事
  1. 成果物がないと報酬が支払われない
  2. 愚痴を言える同僚がいない
  3. 営業を自分でしないといけない
  4. プライベートと仕事の境目が曖昧になる
  5. 確定申告を自分でしなければならない

前述したようにフリーランスとして働くことは良いことばかりではありません。

そこで上手くリフレッシュをして、ストレスを抱え込まないことが大切です。

疲れた時に試して欲しい気持ちの切り替え方法
  1. 旅に出る
  2. フリーランスの集まりに顔を出す
  3. 思い切って何もしない

今現在フリーランスとして活躍されている方や、今後フリーランスとして働こうと考えられている方は本記事で紹介した気持ちの切り替え方法を是非実践してみて下さい。

なお、PLUSONEWEBでは他にもフリーランス・ウェブデザイナーに関する知識系記事を紹介しています。興味がある方はこちらも合わせてご覧下さい。

フリーランス・ウェブデザイナー関連記事

今回は以上になります。最後までご覧頂き、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

著者情報

大学卒業後フィリピンで日本語教師としてのキャリアを始め、現在はフリーランスWebデザイナー・ライターとして活動しながらジョージア(旧グルジア)に滞在中。

目次