【稼げない?】Webライターの平均年収や稼げるようになる方法を解説

本記事にはPR広告が含まれる場合があります。

本記事にはPR広告が含まれる場合があります。掲載されている広告についての詳細はプライバシーポリシーをご参照ください。

昨今、自由な働き方を求めてWebライター業を始められる方が増えています。

Webライターは専門スキルもそれほど求められないため、始めやすい職種と言えます。

しかし、インターネット上には「Webライター やめとけ」「Webライター 稼げない」といった言葉も多く見かけられるため、不安になる方も多いはずです。

そこで本記事では、Webライターの平均年収や、稼げるWebライターになるための方法について解説します。これからWebライターを目指そうと考えている方は本記事を参考にしてみてください。

稼げるスキルを身につけるなら「パーソナルWebライティングスクール」

Webライターとして稼げるスキルを身につけるなら「パーソナルWebライティングスクール」がおすすめです。

受講生1人ひとりに用意されたオリジナル課題の添削回数が無制限で受けられるので、効率的に稼げるライティングスキルが身に付けられます。

パーソナルWebライティングスクールでは、所要時間30〜60分程度の無料体験レッスンを実施しているので、まずは気軽に利用してみてください。

\毎月20名限定!プロの添削課題を体験してみよう/

目次

Webライターの平均年収【フリーランス・会社員・副業】 

Webライターの平均年収【副業・会社員・フリーランス】 

Webライターが稼げないのかどうかを検証するために、まずは平均年収を見ていきましょう。

以下ではフリーランス・会社員・副業の場合の平均年収をまとめました。Webライターになった際、どれくらい稼げるかを知るための目安としてみてください。

以下では、よりリアルな平均年収が掴めるよう「平均値」ではなく「中央値」を紹介していきます。

フリーランスWebライターの平均年収

フリーランス協会が公開している「フリーランス白書 2019」によると、Webライターを含む「文筆系」の年収でボリュームが多いのは「200万未満」「200〜400万未満」となっています。

そのため、正確な数値は把握できなくとも年収の中央値は約400万円ほどになるのではないかと予想されます。

フリーランスの場合、収入に上限がないため、年収が1000万円を超える方も一定数存在するようです。

「文筆系」の年収分布
年収割合
200万未満32.0%
200〜400万未満26.9%
400〜600万未満21.5%
600〜800万未満8.2%
800〜1000万未満5.5%
1000万〜3.6%
わからない0.5%
無回答1.8%

会社員Webライターの平均年収

カカクコム社が運営する求人検索サービス「求人ボックス」のデータによると、正社員ライター全体の年収の中央値は約448万円とされています。

また、給与幅を見てみると「342万円〜984万円」と非常に幅広くなっているため、スキルや経験、勤め先によって年収に差があることが見受けられます。

国税庁が発表している「令和3年分 民間給与実態統計調査」では、日本の平均給与が443万円とされているため、ライター業の平均年収は少しだけ高いと言えるでしょう。

副業Webライターの平均年収

人材派遣・採用支援サービスなどを展開しているPERSOL(パーソル)グループのシンクタンク「パーソル総合研究所」が行った「第二回副業の実態・意識に関する定量調査」によると、副業ライター・Webライターの月収の中央値は3.5万円となっています。

そのため、年収にすると約42万円程度稼いでいる方が多いのではないかと考えられます。

時給の中央値は約1,800円となっているので、20時間程度働いて上記の月収を稼いでいる副業ライターが多いと考えられるでしょう。

Webライターが稼げないと言われる3つの理由

Webライターが稼げないと言われる3つの理由

会社員であれば、平均年収よりも少し多い給与をもらっているWebライターですが「稼げない」と言われるのには以下の理由があります。

Webライターが稼げないと言われる3つの理由
  1. 専門性が低く競合が激化している
  2. クラウドソーシングの台頭で文字単価が下がっている
  3. 苦手なジャンルでの場合執筆に時間がかかる

1. 専門性が低く競合が激化している

1つ目は、専門性が低く競合が激化しているためです。

Webライターの仕事は、高い専門性が求められないため、未経験の方でも始めやすいのが特徴です。

そのため、副業やフリーランスとしてWebライターを仕事にする人が増えており、案件の取り合いが起きています。

仕事が取れないことには稼げないため「Webライターは稼げない」と言われるのだと考えられます。

2. クラウドソーシングの台頭で文字単価が下がっている

2つ目は、クラウドソーシングの台頭で文字単価が下がっているためです。

クラウドソーシングサービスとは、企業や個人がインターネット上で不特定多数の人に仕事を依頼できるプラットフォームのことです。

クラウドソーシングサービスの台頭によって、複数の応募者が同じ仕事に応募することができるようになったため、フリーランス同士が価格競争を起こしてしまっています。

また、登録は誰でもできるため、主婦や学生ライターも参入してきており、さらなる競合の激化につながっています。

3. 苦手なジャンルでの場合執筆に時間がかかる

3つ目は、苦手なジャンルでの場合執筆に時間がかかるためです。

Webライターの仕事は得意なジャンルだけでなく、ときに苦手なジャンルでの執筆もしなければなりません。

苦手なジャンルの際は記事執筆の前に入念なリサーチが必要になるため、時給に換算するとあまり稼げなかったということもあり得ます。

専門ジャンルを持たないWebライターであればリサーチ作業が多くなるため、稼げないと思う方が多いのかもしれません。

稼げるWebライターになる5つの方法

稼げるWebライターになる5つの方法

Webライターはいくつかポイント・方法を知っていると稼げる職業です。Webライターとして稼ぎたい方は以下で紹介する方法を参考にしてみてください。

稼げるWebライターになる5つの方法
  1. SEOの知識を身につける
  2. 特定のジャンルに特化する
  3. 直接メディアに営業をかける
  4. 発信力をつけて指名がかかるようにする
  5. まきとれる作業を増やす

1. SEOの知識を身につける

1つ目は、SEOの知識を身につけるという方法です。

SEOは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略で、執筆した記事を検索結果の上位に表示させるための手法のことです。

Webライティング案件の中には、ブログやウェブメディア上に記事を執筆するものが多いため、SEOの知識が重要視されます。

たとえば「プログラミングスクール おすすめ」といったキーワードで記事を上位表示させることができれば、記事内でおすすめしたプログラミングスクールの売上に貢献できる可能性があります。

その結果、売上に貢献できるライターとして評価が得られ、より高い単価で仕事が受注できるようになります。

2. 特定のジャンルに特化する

2つ目は、特定のジャンルに特化するという方法です。

Webライターとして苦手なジャンルの案件ばかり執筆していると、リサーチに時間がかかってしまいます。

一方、ある特定のジャンルに特化しリサーチの時間を減らせれば、作業効率を改善できます。作業効率が上がれば、請けられる仕事の数も増えるため、結果として収入を上げることが可能です。

なお、稼げるWebライターになるには、高単価で仕事を受けられるジャンルを選ぶことも重要です。以下のジャンルは専門性が高いため競争が激化しにくいため、高単価な仕事が多い傾向があります。

高単価な仕事が請けやすい執筆ジャンル

  • 金融
  • 医療
  • 不動産
  • IT・テクノロジー

など

3. 直接メディアに営業をかける

3つ目は、直接メディアに営業をかけるという方法です。

クラウドソーシングは案件が探しやすいメリットがある反面、報酬獲得時に一定の手数料がかかるといったデメリットがあります。

クラウドソーシングサービス報酬獲得時にかかる手数料
ランサーズ16.5%(税込)
ココナラ22%(税込)

手数料が高いと、その分収入が少なくなってしまうため、直接メディアに営業をかけ、契約を結んでもらうのがおすすめです。

4. 発信力をつけて指名がかかるようにする

4つ目は、発信力をつけて指名がかかるようにするという方法です。

発信力をつけて企業側から指名がかかるWebライターになれれば、同業者との価格競争に加わる必要がなくなります。

また、報酬などの条件の交渉がしやすくなるため、高単価で案件が受注できるようになります。

なお、Webライターが発信力をつけるには、Twitterやブログを用いて、有益な情報や実績を発信するのがおすすめです。

有名メディアにユニークな企画を持ち込んで案件として成立させることで、知名度や発信力をつけている方も存在します。

5. まきとれる作業を増やす

5つ目は、まきとれる作業を増やすという方法です。

一般的にWebライター(SEOライター)は、記事の構成から執筆までを担当することが多いですが、記事を公開するまでには、「キーワード選定」や「CMS入稿」などの作業も発生します。

これらの作業を一括して担当できるようになると、クライアントやメディアにとって便利であるため、単価交渉に応じてもらいやすくなります。

Webライターの始め方

Webライターの始め方

Webライターの仕事は以下の手順で始められます。

Webライターの始め方
  • STEP. 1:スキルを身につける
  • STEP. 2:クラウドソーシングに登録する
  • STEP. 3:案件に応募する
  • STEP. 4:ポートフォリオを作る
  • STEP. 5:取引先を増やしていく

Webライターになりたい方は、以下を参考にしてみてください。

STEP. 1:スキルを身につける

まずは、スキルを身につけましょう。

Webライティングの基礎知識を身につけるには書籍で学習する方法と、スクール・講座に通う方法の2つがあります。

書籍で学習する場合コストを抑えることができますが、プロからのフィードバック・アドバイスがもらえないのが特徴です。

おすすめのWebライティング本

一方、スクール・講座では学習コストがかかりますが、プロからのサポートを受けられるのが特徴です。また、スクールによってはコース修了後の案件獲得サポートもついているため、受講修了と同時にWebライターデビューができる可能性があります。

おすすめのWebライティングスクール・講座に関しては以下の記事にて解説しているため、こちらをご覧ください。

おすすめのWebライティングスクール・講座

STEP. 2:クラウドソーシングに登録する

スキルが身についたら、クラウドソーシングに登録しましょう。

クラウドソーシングでは案件の数が多く、初心者向けのものも多いため、実績作りに利用する分にはおすすめです。

登録した後は発注者に信頼してもらえるよう、プロフィール情報を作り込むのが重要です。

始めは実績を記載できなくとも、簡単な略歴や仕事を請ける上で心がけていることなどを伝わりやすく記載しておくと、仕事が獲得しやすくなります。

STEP. 3:案件に応募する

クラウドソーシングの登録・プロフィール情報の作り込みが終わったら、案件に応募しましょう。

ある程度、基礎知識が身についたら、後は実務で学んでいくのが最も効果的です。

なお、案件に応募する際は、文字単価0.5円以上の案件に応募することをおすすめします。

理由としては、0.5円未満の案件の場合、たとえ5,000文字の記事を執筆したとしても500円にもならず、モチベーションが失われてしまうためです。

モチベーションを持って取り組める案件で実績を積むことが、Webライターとしての成長につながります。

STEP. 4:ポートフォリオを作る

実績を少しづつ積むことができたら、ポートフォリオを作りましょう。

ポートフォリオ上にこれまで経験したことのあるジャンルや執筆記事のURLをまとめておくことで、より仕事が獲得しやすくなります。

なお、ポートフォリオの作り方にはいくつか方法がありますが、おすすめはWordPressを使って自身のポートフォリオ兼ブログを作ることです。

WordPressでブログを運営することで、CMS入稿までの作業が理解できるようになり、SEOを始めとしたWebマーケティングの知識が身につけられます。

STEP. 5:取引先を増やしていく

ポートフォリオができたら、取引先を増やしていきましょう。

クラウドソーシングである程度の実績が作れたら、メディアに直接営業をかけることでも案件が獲得できる状態になっていると思います。

メディアと直接ライター契約が結べると、クラウドソーシングでかかる手数料がいらなくなるため、収入を上げていくことができます。

なお、取引先を増やす方法の1つとしてフリーランスエージェントを使うのもおすすめです。特にクラウドテック では、Webライター向けの案件も取り扱っているため、より高待遇な案件を探したい方は利用してみるとよいでしょう。

まとめ・Webライターは高年収が目指せる職業!

インターネット上では「Webライター 稼げない」「Webライター やめとけ」といった言葉がよく見かけられますが、スキルや実績を積むことで高年収が目指せる職業です。

実際、フリーランスのWebライターとして活躍されている方の中には年収1000万円を超えている方も存在します。

本記事を読んでWebライターという仕事に興味を持たれた方は、ぜひスキルを身につけてWebライターを目指してみてください。

以下の記事では、Webライターとしての営業方法やおすすめのWebライティングスクール・講座をいくつか紹介しているので、興味がある方はこちらもご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

【初心者歓迎】WordPressホームページ作成講座を始めました!

教えたいと学びたいをつなぐまなびのマーケット「ストアカ」にて、WordPressホームページ作成講座を開講しています。

初心者でもノーコード・ローコードで質の高いホームページを作る方法を0から学習!受講生1人ひとりに合わせたカリキュラムで初心者でも無理なく学べます。

ブログ・ホームページの自作に興味がある方は、ぜひ講座内容をチェックしてみて下さい。

著者情報

Ryoのアバター Ryo サイト運営者

Web系フリーランス4年目。

WordPressを使った企業サイト制作・改修やSEOを生業としています。

目次