Webライティングのおすすめ独学方法・ロードマップや学ぶメリットを解説

Webライティングのおすすめ独学方法・ロードマップや学ぶメリットを解説
本記事にはPR広告が含まれています。

本記事にはPR広告が含まれています。掲載されている広告についての詳細はプライバシーポリシーをご参照ください。

Webライターは未経験からでも敷居が低く始めやすい職種の1つです。

また、リモートやフルフレックスで働けることが多いため、自分のライフスタイルを優先できることから人気を集めています。

本記事では、これからWebライティングを学んでWebライターとして独立したいと考えている方向けに、おすすめの独学方法やロードマップを紹介します。

おすすめのWebライティングスクール3選

Webライティングを最短距離で学ぶならプロの講師から添削指導が受けられるWebライティングスクールに通うのもおすすめです。興味があるところがあれば資料を請求したり、無料相談を受けてみてください。

YOSCA:あなたのライターキャリア講座

あなたのライターキャリア講座では、文章力に加え文章を書くために思考力も鍛えられるのが特徴です。また、ヤフー株式会社と業務提携を行なっており、Yahoo!JAPANに記事を掲載するチャンスもあります。

スキルハックス:Writing Hacks

Writing Hacksでは、高単価で仕事が取れるスキルが身につけられるのが特徴です。回数無制限の質問対応もついているので、サポートを受けながら学習したい方におすすめです。

パーソナルWebライティングスクール

パーソナルWebライティングスクールでは、あなただけのオリジナル課題×無制限添削で着実にスキルアップが目指せます。また、オプションで最低3ヶ月間のお仕事保証パックもつけれるため、講座終了と同時にライターデビューができます。

目次

【事前知識】Webライターの仕事内容や必要なスキルについて

パソコンに向かってタイピングをしている女性の写真

まずは事前知識として簡単にWebライターの仕事内容や必要なスキルを紹介します。

Webライターとは、簡単に説明すると、インターネット上で文章を作成し、その報酬を受け取る職業です。

主な仕事は、企業の運営メディアなどにコラム記事を執筆することですが、SNSの投稿やランディングページ(LP)のコンテンツ作成なども担当することがあります。

Webライターの仕事内容

  • 企業メディアへのコラム記事の執筆
  • SNSの文章の執筆
  • ランディングページ(LP)の文章の執筆
  • 取材

など

Webライターには、ユーザーにとって読みやすい文章を書く能力や、正確な情報を見つけ出し、適切に精査するリサーチ力、Web集客を目的とする記事では、検索エンジン最適化施策(SEO)に関する知識が求められます。

Webライティングのおすすめ独学方法・ロードマップ

階段を跳ねながら登っていく矢印が描かれた画像

Webライターに必要なスキルを身につけるおすすめ独学方法・ロードマップは以下の通りです。

Webライティングのおすすめ独学方法・ロードマップ
  • STEP. 1:学習本で基礎を学ぶ
  • STEP. 2:実際に記事を書きながら学ぶ
  • STEP. 3:クライアントワークを通じて数をこなす

STEP. 1:学習本で基礎を学ぶ

まずは学習本で基礎を学びましょう。

本だとWebライティングの基礎を体系的に学ぶことができるため、はじめのインプットとして非常におすすめです。

ライティングに関する本は数多く出版されているため、レビューなどをもとにいくつか購入し読んでみましょう。おすすめの学習本は以下の通りです。

Webライティングが学べるおすすめ本4選

マクサン式Webライティング実践スキル大全
ライティング・ブログ運営において豊富な実績を持つ2人のブロガーによって執筆されたWebライティング本です。読みたくなる記事の書き方やSEOなどといったライティング知識に加え、ブログにアフィリエイトを導入する方法や収益化テクニックなどブログ運営に必要な知識が学べます。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘
アフィリエイターに人気のWordPressテーマ「賢威」を開発した株式会社ウェブライダーの代表によって執筆されたWebライティング本です。ページ数は多いものの漫画になっているため読み進めやすく、SEOの基礎をしっかり学べる内容になっています。

伝えて動かす!WEBライティングの教科書
セールスライティングやコピーライティングなど、幅広いライティングテクニックがつまったWebライティング本です。初心者でも分かりやすいようテクニック紹介→具体例の流れで解説されているため、学んだ内容をすぐに実践できます。

世界一やさしい Webライティングの教科書
文章の書き方の基本からキャッチコピー術、メール活用術まで、Webライターとして効率的に仕事を進めていくのに必要なテクニックが学べるライティング本です。最終章では実際にWebライターとして活躍している先輩ライター9名へのインタビュー内容が載っており、稼げるライターになるための秘訣が学べます。

STEP. 2:実際に記事を書きながら学ぶ

Webライティングの基礎をインプットできたら、記事を書きながら学んでいきましょう。

インプットした内容を実際にアウトプットすることで、着実にライティングスキルを磨いていけます。

なお、始めは自分でブログを立ち上げ、好きなテーマで記事を書くのがおすすめです。

その日に起きたことをつらつらと綴った日記のような内容ではなく、他の誰かの悩みを解決するコンテンツを執筆すると、クライアントワークに応募する際のポートフォリオとして役立ちます。

良い例
Webライティングの独学におすすめの本7選!自分にあった本の選び方も解説
→ 本を使って独学でWebライティングを学びたい読者の悩みを解決している。
仕事がないフリーランスが今すぐ取るべき行動・対策を解説
→ 仕事がなくて困っているフリーランスの悩みを解決している。

悪い例
本日の通勤中に芸能人の〇〇に出会った話!
2023年11月2日、念願の〇〇ラーメンを食べてきました!

→ 私生活の内容をつらつらと書いているだけでは誰の悩みも解決しないため、有益なコンテンツと判断されない。

STEP. 3:クライアントワークを通じて数をこなす

いくつか自分で納得のいく記事が執筆できたら、クライアントワークを通じて数をこなしながらスキルをブラッシュアップしていきましょう。

自分1人でやみくもに練習していると、自分の書き方の弱点や改善点になかなか気づけません。

しかし、クライアントワークでは報酬をもらいながらプロの編集者・Webディレクターからフィードバックをもらえるため、より洗練されたライティングスキルが身につけられます。

また、クライアントワークの経験を積むことで自信にもつながるので、ある程度ライティングの練習をしたらクライアントワークにチャレンジしてみましょう。

Webライターとして案件を獲得する方法は次章で解説します。

Webライターとして案件を獲得する3つの方法

虫眼鏡をのぞいている白人少女の画像

独学でWebライティングスキルを身につけたらクライアントワークでスキルをブラッシュアップしていきましょう。

Webライターとして案件を獲得する方法は大きく3つです。

Webライターとして案件を獲得する3つの方法
  1. クラウドソーシングを活用する
  2. 募集をかけているメディアに直接連絡を取ってみる
  3. ブログやSNSで発信する

なお、いずれの方法であっても、ポートフォリオ(過去に執筆した記事のURL)の提出が求められます。

そのため、クライアントワークに取り組む前に、まず自身で立ち上げたブログなどで、好きなテーマについて執筆しておくことをおすすめします。

1. クラウドソーシングを活用する

1つ目は、クラウドソーシングを利用するという方法です。

クラウドソーシングとは、インターネットを介してさまざまな仕事やプロジェクトを見つけることができるプラットフォームのことで、国内ではクラウドワークスやランサーズなどが有名です。

クラウドソーシングで掲載されている仕事・プロジェクトにはさまざまなものがありますが、Webライティング案件も多く掲載されており、中には未経験者でも始められるものも存在します。

しかし、単価は相場より安いことが多いため、ライターとして実績を作っていきたい方におすすめです。

2. 募集をかけているメディアに直接連絡を取ってみる

2つ目は、募集をかけているメディアに直接連絡を取ってみるという方法です。

インターネット上で「執筆したいジャンル ライター募集」などと検索すると、ライターを募集しているメディアがいくつか見つかります。

この中から自分が執筆してみたいと思ったメディアがあれば、お問い合わせフォームから直接連絡を取ってみると良いでしょう。

この方法では、報酬支払いの際にクラウドソーシングなどではかかる手数料が不要で、場合によっては継続案件を獲得することができるので、収入を安定させやすいのがメリットです。

3. ブログやSNSで発信する

3つ目は、ブログやSNSで発信するという方法です。

ブログやSNSを利用して、自身の活動や特定のジャンルにおける専門知識を定期的に発信することにより、権威性と自己ブランディングを確立できます。

これにより、あなたの発信内容を見たクライアントから直接仕事の依頼が届く可能性が高められます。

また、この方法で集客できるようになると、営業コストを抑えることができ、自分から応募する場合と比べて希望単価などを有利に交渉しやすくなります。

Webライティングを独学するメリット

左手人差し指で左方向を指し微笑んでいる黒人男性の画像

最後にWebライティングを独学するメリットを紹介します。

以下では3つのメリットをピックアップしました。1つひとつ見ていきましょう。

Webライティングを独学するメリット
  1. スクールに通うよりもコストを抑えられる
  2. 時間や場所を問わず働けるようになる
  3. 他のビジネスにも活かせる

1. スクールに通うよりもコストを抑えられる

1つ目は、スクールに通うよりもコストを抑えられるという点です。

スクールでは数万円〜数十万円の授業料がかかりますが、本を使って独学する場合、大体1冊につき1,500円〜2,000円の出費で抑えられます。

そのため、コストを抑えてライティングスキルを身につけたい方は独学がおすすめです。

一方、スクールではプロ講師によるフィードバックを受けながら最短距離で実践的なスキルを身につけていけます。短期間でWebライターデビューをしたい方はスクールを利用すると良いでしょう。

2. 時間や場所を問わず働けるようになる

2つ目は、時間や場所を問わず働けるようになるという点です。

Webライターの仕事は、インターネット接続とパソコンがあればどこでも行うことが可能です。そのため、オフィスに通勤する必要がなく、自宅やカフェ、旅行先など好きな場所で作業ができます。

また、文字単価やプロジェクト単位で報酬が支払われるため、特定の時間に縛られることなく、自分のスケジュールに合わせて仕事ができます。

3. 他のビジネスにも活かせる

3つ目は、他のビジネスにも活かせるという点です。

ビジネスシーンでは、メールや企画書、提案書作成などにおいて、日常的に文章で情報を伝える場面が発生します。

そのため、Webライティングスキルを身につけておけば、相手の興味を惹きつけたり自分の言いたいことを正しく伝えるのに役立ちます。

まとめ

今回はwebライティングのおすすめ独学方法・ロードマップやWebライターとして案件を獲得する方法を紹介しました。

Webライティングは学ぶとメリットが多く、独学でも十分に学べるスキルなので、興味を持った方はぜひ本記事を参考に独学を始めてみてください。

なお、最短距離で稼げるWebライティングスキルを身につけたい方はプロの指導が受けられるライティングスクールに通うのがおすすめです。

ライティングスクールによってはコース修了後に案件サポートがついていることもあるため、確実にWebライターデビューができます。

おすすめのWebライティングスクールや失敗しない選び方に関しては以下の記事で解説しているので、こちらもあわせてご覧ください。

今回は以上になります。最後までご覧頂き、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

著者情報

Ryoのアバター Ryo サイト運営者

元日本語教師。2020年12月にフリーランスのWeb制作者・SEOライターとして独立。

ポートフォリオ: https://ryouslashweb.com/

詳細は運営者情報ページに記載。

目次