MENU

フリーランスWebデザイナーの年収とは?高単価案件が豊富なエージェントも紹介

フリーランスウェブデザイナーの年収とは?

現在、フリーランスのWebデザイナーとして独立したいと考えられている方の中には「フリーランス・Webデザイナーの年収ってどれくらいなんだろう?」と気になる方も多いかもしれません。

そこで今回は、フリーランス・Webデザイナーの年収を紹介していきます。

また記事の後半では、フリーランス・Webデザイナーとして年収を上げる方法や高単価案件獲得におすすめのエージェントも紹介しているので、興味がある方はこちらも併せてご覧ください。

高単価案件が豊富なエージェント

先に結果から知りたい方は以下をチェック

  1. 公開案件数が豊富なエージェントなら!レバテックフリーランス
  2. フリーランスでも正社員並みの補償が受けたいなら!Midworks
  3. 週 2、3日から働ける案件を探したいなら!ITプロパートナーズ
  4. 高単価案件を探しているなら!フォスターフリーランス
目次

フリーランス・Webデザイナーの平均年収!

フリーランス・ウェブデザイナーの平均年収!フリーランス全体との比較

それでは早速、フリーランス・ウェブデザイナーの平均年収を紹介していきます。

結論から言うとフリーランス・ウェブデザイナーの平均年収は300~500万円くらいとなっているようです。

以下はフリーランス協会が2019年に公開した「フリーランス白書2019」を引用したもの。

見てもらうと分かるようにウェブデザイナーを含むIT・エンジニア系の平均年収で最も多いのは「400〜600万未満」の22.2%、次いで「200〜400万未満」の21.2%、「600〜800万未満」の18.7%、「200万未満」の14.6%と幅広い結果になっていることが分かります。

フリーランス全体の平均年収で1番多いのは「200~400万未満」の26.6%、次いで「200万未満」の23.1%となっているので、フリーランスウェブデザイナーの年収の方がやや高いといった印象です。

なお、フリーランス・ウェブデザイナーの年収は新しいスキルを身につけたり、高単価な案件を獲得するなどしたりすることによって上げることが可能。

そこで以下では、フリーランス・ウェブデザイナーが年収を上げる方法について詳しく解説していきます。

平均年収に関するポイント
  • フリーランス・ウェブデザイナーの平均年収は300~500万円程度。
  • フリーランス全体の平均年収に比べると、フリーランス・ウェブデザイナーの平均年収はやや高くなっている

フリーランス・Webデザイナーが年収を上げるには?

それではフリーランス・ウェブデザイナーが年収を上げる方法をいくつか紹介します。

他にも方法はあると思いますが、ここでは以下の3点を挙げました。

年収を上げる方法
  1. Webデザインだけでなく広範囲なスキルを身につける
  2. 作業効率を上げる
  3. 高単価案件が豊富なエージェントを利用する

方法1. Webデザインだけでなく広範囲なスキルを身につける

Webデザインだけでなく広範囲なスキルを身につける

まず1つ目は、Webデザインだけでなく広範囲なスキルを身につけるという方法です。

Webデザイナーと一言で言っても、デザインしかできないWebデザイナーの市場価値はそれほど高くありません。そこで、デザイン+αとなるスキルを身につけることで市場価値を高めることが年収アップには必要です。

なお、具体的には以下のようなスキルを付けておくとライバルに差をつけ、より価値の高い仕事をすることが可能です。

身につけておく良いスキル例

  • コーディング・プログラミングスキル
  • SEO・ウェブマーケティングスキル
  • コピーライティングスキル
  • ECサイト構築に関するスキル

などなど

方法2. 作業効率を上げる

作業効率を上げる

2つ目は、作業効率を上げるという方法です。

例えば同じ単価の仕事をしていても、今まで1日かかっていた仕事を半日でできるようになれば、残りの半日で他の仕事ができるようになる為、年収を上げることができます。

その為、仕事の経験を積んで作業効率を上げていくという点も重要です。

方法3. 高単価案件が豊富なエージェントを利用する

高単価案件が豊富なエージェントを利用する

3つ目は、高単価案件が豊富なエージェントを利用するという方法です。

例えスキルがあっても低単価の仕事を続けていては年収アップには繋がりません。そこで、高単価案件が豊富なフリーランスエージェントなどに登録して、高単価案件を探すという努力が必要です。

ある程度自分のスキルに自信がある方などはこの方法で年収アップを目指してみると良いでしょう。

なお本記事の以下では高単価案件が豊富なフリーランスエージェントを紹介していきます。

高単価案件が豊富なフリーランスエージェント【4選】

それではここからは、高単価案件が豊富なフリーランスエージェントをいくつか紹介していきます。また、ここで紹介するものはウェブデザインやフロントエンド案件が豊富なものをセレクトしています。

高単価案件が豊富なエージェント
  1. レバテックフリーランス
  2. Midworks
  3. ITプロパートナーズ
  4. フォスターフリーランス

1. レバテックフリーランス

レバテックフリーランス
スクロールできます
おすすめ度
運営会社レバテック株式会社
対応職種アプリケーションエンジニア / サーバーサイドエンジニア / サーバーエンジニア / インフラエンジニア / 組込・制御エンジニア / 汎用系エンジニア / データベースエンジニア / ネットワークエンジニア / セキュリティエンジニア / フロントエンドエンジニア / プロジェクトマネージャー(PM) / プロジェクトリーダー(PL) / PMO / ITコンサルタント / データサイエンティスト / 社内SE / テクニカルサポート / テストエンジニア
公開案件数約4万件
手数料非公表

レバテックフリーランスはレバテック株式会社が運営するフリーランス案件専門のエージェント。

日本マーケティングリサーチ機構の調べやインターネット調査において、「登録者数」と「業界認知度」の2部門でNo.1を取得している実績があります。

このエージェントの特徴は高単価案件が豊富な為、利用者の平均年収が862万円と高くなっている点。これは間に他社を挟まないエンド直請け案件が多いことで実現しています。

また、現場情報に精通したコーディネーターが企業とフリーランスの間に入って、参画までのスケジュール調整や商談対策などをサポートしてくれるのもポイント。さらに参画後も定期的なヒアリングを通じて、必要なサポートをしてくれる為、現場で不安や事や疑問点がある場合は、気軽に相談することができます。

レバテックフリーランスでは簡単60秒で無料登録が可能。興味を持たれた方は、登録を済ませて自分にあった案件探しをされると良いでしょう。

2. Midworks

Midworks
スクロールできます
おすすめ度
運営会社株式会社Branding Engineer
対応職種フロントエンドエンジニア / サーバーサイドエンジニア / スマホアプリ開発(ネイティブ)エンジニア / アナリスト(データサイエンティスト) / サーバーエンジニア / 企画・マーケティング / Webディレクター・プロデューサー / UI・UXデザイナー
公開案件数約7千件
手数料10~15%

Midworksは株式会社Branding Engineerが運営するフリーランスエージェント。

東京や大阪エリアを中心に高単価案件やフルリモート案件など様々な案件を保有しています。

このエージェントの特徴は、フリーランスでも正社員並みの補償が受けられるという点。具体的には案件受注期間中であれば、クラウド会計ソフト「freee」のスタンダードプランまたは弥生会計のベーシックプランを無料で利用できたり、万が一仕事が途切れてしまった場合には報酬保障サービス(※審査あり)が受けられます。

また、クライアント企業との商談の際にはMidworksの企業担当者が同行してくれる点もポイント。Midworksの担当者が主となって、「残業時間」や「プロジェクトの状況」といった質問しづらい点もしっかり確認してくれるので、商談が苦手な方であっても安心してプロジェクトに参画することができます。

Midworksでは簡単30秒で無料登録が可能。登録ユーザー以外の一般には公開されていない非公開案件も多数存在するので、まずは登録しておくことをおすすめします。

3. ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ
スクロールできます
おすすめ度
運営会社株式会社Hajimari(ハジマリ)
対応職種エンジニア/ デザイナー / マーケター / 事業責任者・プロデューサー / 人事・総務 / 広報・PR / 財務・法務 / 営業・コンサルタント / ディレクター / 経営者・CXO
公開案件数約5千件
手数料非公表

ITプロパートナーズは、東京都渋谷区に本社を構える株式会社Hajimariが運営しているエージェント。

これまで2,000を超える企業から利用されている実績があります。

このエージェントの特徴は、週 2、3日から働ける案件数が同じフリーランスエージェントの中でも多いという点。また、中にはリモート案件も多い為、複数の仕事を掛け持ちしながら、場所に捉われない働き方を実現することができます。

また、専属エージェントが一人ひとりの希望に合った案件の紹介から契約交渉、債権管理まで一貫して代行してくれるのもポイント。

さらに実際にプロジェクトの参画が決まった後も専属エージェントが、定期的にサポートをしてくれます。

ITプロパートナーズで自分に合ったお仕事を探したい場合は、まずは無料登録を済ませてエージェント面談の予約をしましょう。

4. フォスターフリーランス

フォスターフリーランス
スクロールできます
おすすめ度
運営会社株式会社フォスターネット
対応職種プログラマー / システムエンジニア / フロントエンドエンジニア / バックエンドエンジニア / アプリエンジニア / フロントエンドエンジニア(ゲーム) / バックエンドエンジニア(ゲーム) / プロジェクトリーダー(開発) / プロジェクトマネージャー(開発) / DB系開発エンジニア / 組み込みエンジニア / 汎用系エンジニア / テストエンジニア / 社内SE / システム運用・保守 / データサイエンティスト / サーバーエンジニア / ネットワークエンジニア / データベースエンジニア / セキュリティエンジニア / クラウドエンジニア / 運用・監視エンジニア / インフラ系開発エンジニア / プロジェクトリーダー(インフラ) / プロジェクトマネージャー(インフラ) / インフラ系 / その他コンサル / webデザイナー / webディレクター / ゲームディレクター / グラフィックデザイナー / クリエイター系その他
公開案件数約2千件
手数料非公表

フォスターフリーランスは株式会社フォスターネットが運営するフリーランスエージェント。

案件の半数以上が、直取引のものとなっているので高単価案件が多く存在しています。

このエージェントの特徴は、元ITエンジニアやIT業界の経験者であるコーディネーターから、一人ひとりのスキル・経験に合わせた最適な案件を提案してもらえるという点。また、実際に案件に参画できるように「職務経歴書の見直し」や「打ち合わせで話す内容の検討」といったところまで親身にサポートをしてくれます。

またWebサイトに公開されている案件の数は全体の10%ほどで、非公開案件の数が多数。公開・非公開を合わせると常時約5千件以上の案件を保有しているので、その中から自分に合った案件を見つけることができます。

その為、公開・非公開案件の中からコーディネーターより自分の希望通りの案件を紹介してもらいたい方は、まずは無料登録をしておくことをおすすめします。

まとめ

まとめです。今回は、記事の前半部分でフリーランス・Webデザイナーの年収や年収のアップ方法、後半部分で高単価案件が豊富なフリーランスエージェントをいくつか紹介しました。

フリーランス・Webデザイナーとして今後年収をアップしていきたいと考えられている方は、本記事で紹介した方法を参考にされると良いかと思います。

高単価案件が豊富なエージェント
  1. 公開案件数が豊富なエージェントなら!レバテックフリーランス
  2. フリーランスでも正社員並みの補償が受けたいなら!Midworks
  3. 週 2、3日から働ける案件を探したいなら!ITプロパートナーズ
  4. 高単価案件を探しているなら!フォスターフリーランス

なお、PLUSONEWEBでは他にもフリーランス・Webデザイナーに関する知識系記事を紹介しています。興味がある方はこちらも合わせてご覧下さい。

今回は以上になります。最後までご覧頂き、ありがとうございました。

フリーランス・Webデザイナー関連記事
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

著者情報

大学卒業後フィリピンで日本語教師としてのキャリアを始め、現在はフリーランスWebデザイナー・ライターとして活動しながらジョージア(旧グルジア)に滞在中。

目次