Webライターになるには?仕事内容や必要なスキル、なる方法を詳しく解説

ウェブライターに必要なスキルやなる方法
本記事にはPR広告が含まれています。

本記事にはPR広告が含まれています。掲載されている広告についての詳細はプライバシーポリシーをご参照ください。

今回は副業や在宅ワーク、フリーランスとしてWebライターになりたい方向けに、Webライターの仕事内容や必要なスキル、なる方法を詳しく解説していきます。

Webライターは経験を積むことでフリーランスとして独立できるほど稼げる魅力あるお仕事です。

今後、副業や在宅ワーク、フリーランスとしてWebライターにチャレンジしてみたいといった方は本記事を最後までご覧ください。

おすすめのWebライティングスクール3選

最短距離でWebライターを目指すならプロの講師から添削指導が受けられるWebライティングスクールに通うのがおすすめです。興味があるところがあれば資料を請求したり、無料相談を受けてみてください。

YOSCA:あなたのライターキャリア講座

あなたのライターキャリア講座では、文章力に加え文章を書くために思考力も鍛えられるのが特徴です。また、ヤフー株式会社と業務提携を行なっており、Yahoo!JAPANに記事を掲載するチャンスもあります。

スキルハックス:Writing Hacks

Writing Hacksでは、高単価で仕事が取れるスキルが身につけられるのが特徴です。回数無制限の質問対応もついているので、サポートを受けながら学習したい方におすすめです。

パーソナルWebライティングスクール

パーソナルWebライティングスクールでは、あなただけのオリジナル課題×無制限添削で着実にスキルアップが目指せます。また、オプションで最低3ヶ月間のお仕事保証パックもつけれるため、講座終了と同時にライターデビューができます。

目次

Webライターの仕事内容

タイピングをしている女性の写真

Webライターは、一言で言うとWeb上に文章を書くことでお金を得る職業のことを言います。

Webライターの仕事・案件例には、ブログメディア上にユーザー向けのお役立ち情報を執筆したり、SNS投稿の文章を執筆したりといったものが挙げられます。

Webライターの仕事・案件例

  • ブログ記事の執筆
  • SNS投稿の執筆
  • インターネット広告の広告文の執筆
  • ランディングページの文章の執筆

など

執筆する媒体はブログやSNS、ネット広告など多岐にわたりますが、その共通の目的は、質の高いコンテンツを通じてユーザーを惹きつけ集客することブランドの知名度を高めることにあります。

そのため、執筆した記事が検索エンジンで上位に表示されるための施策(SEO)に関する知識や、コンテンツを読んだ読者に何かしらの行動を促すセールスライティングのノウハウが求められます。

Webライターが向いている人

右手にペンを持ち、上を指している笑顔の若い白人男性の画像

Webライターは基本的には1人で黙々と作業を進めていくお仕事です。

そのため、1人で作業をするのが苦じゃない方(むしろ好きな方)や、自分で自分を律して作業を進めていける方が向います。

また、文章を書く仕事のため、文章を書くのが好きという点も適性を見極める点で重要なポイントです。

加えて、時にはあまり知見のないキーワードやジャンルであっても執筆をすることがあるため、知らないジャンルの内容でも興味を持ってリサーチできる学習意欲の高い方もWebライターの適正があると言えます。

Webライターが向いている人

  • 1人で作業をするのが苦じゃない方(むしろ好きな方)
  • 自己管理・スケジュール管理が得意な方
  • 文章を書くのが好きな方
  • 学習意欲の高い方

Webライターになるのに必要な5つのスキル・知識

夕日の下でパソコンとコーヒーが机の上に並べられている写真

Webライターになるのに必要なスキル・知識は大きく5つです。1つひとつ見ていきましょう。

Webライターになるのに必要なスキル・知識
  1. パソコンの基本操作
  2. 分かりやすい文章を書くスキル
  3. リサーチスキル
  4. WordPressの基本操作
  5. SEOの基本知識

1. パソコンの基本操作

1つ目は、パソコンの基本操作です。

Webライターのお仕事では、WordやGoogleドキュメントシート、WordPressなどを使って文字をタイピングしていく必要があるため、これらツールの使い方やタイピングといった基本操作ができる必要があります。

2. 分かりやすい文章を書くスキル

2つ目は、分かりやすい文を書くスキルです。

適切な見出し構成が付けられているかや、同じ内容が前後で何度も繰り返されていないか、冗長表現が多くないかなどに意識を払い、ユーザーに最後まで読んでもらえるよう文を書けるスキルが求められます。

3. リサーチスキル

3つ目は、リサーチスキルです。

Webライターとして仕事をしていると、あまり知見のないキーワードやジャンルで記事を書かなければならないこともあります。そういった際、そのキーワードやジャンルに関する理解を深めるために検索エンジンを使ってリサーチを行う必要があります。

リサーチ中には情報が古かったり間違っているコンテンツも見つかる可能性があるため、情報の真偽を確かめ精査する能力も求められます。

4. WordPressの基本操作

4つ目は、WordPressの基本操作です。

ブログ記事の執筆案件などでは、業務フローの中に執筆したコンテンツをWordPressへ入稿するところまで含まれる場合があります。

そのため、WordPressの投稿画面の使い方・記事装飾の方法などが最低限できるようになっておく必要があります。

5. SEOの基本知識

5つ目は、SEOの基本知識です。

SEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略で、簡単に言うと記事を検索エンジン上位に表示させるために必要な施作のことを言います。

SEOは突き詰めると奥が深いですが、駆け出しWebライターでも「記事のタイトルや見出しにキーワードを含める」や「meta descriptionを設定する」といった最低限のSEO知識は押さえておかなければなりません。

詳しいSEO対策については「ライター SEO対策」などで検索すると詳しく解説してくれている記事があるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

稼げるWebライターになるのに必要な3つのスキル・知識

メガネをかけている年老いた白人男性がパソコンを開きながらコーヒーを飲んでいる写真

前章でWebライターになるのに必要なスキル・知識を紹介しましたが、より稼げるようになるには以下のようなスキルが必要です。

Webライターデビューをする際には必須ではありませんが、将来的にこれ一本で食べていきたいという方は参考にしてみてください。

稼げるWebライターになるのに必要なスキル・知識
  1. セールスライティングスキル
  2. インタビュースキル
  3. 専門分野における知識

1. セールスライティングスキル

1つ目は、セールスライティングスキルです。

セールスライティングとは、商品やサービスを宣伝し、顧客を説得して購買行動を起こさせるための文章術のことを指します。

購買行動以外にも「お問い合わせ」や「資料請求」などユーザーに特定の行動を促すためのライティングは、セールスライティングに含まれます。

効果的なセールスライティングができるようになると、依頼主の売上に直接影響するため、より高単価で仕事が受けやすくなります。

2. インタビュースキル

2つ目は、インタビュースキルです。

Webライターの案件の中には、インタビューをしてその内容をまとめる取材記事の制作も含まれます。

取材記事の場合はライティングスキルだけでなく、適切な質問を用意し、インタビュイーから必要な情報を引き出す能力が求められます。

また、通常の記事制作に加え、取材日程の調整や取材前のリサーチなどかかる工数が多いため、高単価で仕事を受けられます。

3. 専門分野における知識

3つ目は、専門分野における知識です。

一般的に「旅行」や「ダイエット」など、専門性の低いジャンル(誰でもある程度リサーチをすればかけるジャンル)は、単価が安くなりがちです。

一方、「金融」や「FX」といった専門性の高いジャンルは、誰でも書ける訳ではないので高単価になる傾向があります。

稼げるジャンル例

  • 金融
  • 医療
  • FX
  • 仮想通貨やNFT
  • 不動産

など

そのため、稼げるジャンルの中から自分の得意な分野・興味がある分野を決めて、その分野に特化していくことで、稼げるWebライターを目指すことができます。

未経験からWebライターになる方法

右手にペンを持ち、背景を指している笑顔の若い白人女性の画像

未経験からWebライターになる方法は大きく3つあります。以下でそれぞれの方法について詳しく解説します。

スキルを身につけてWebライターになる方法
  1. 実務経験を積む
  2. スクールや講座を利用する
  3. 自身でブログを運営する

1. 実務経験を積む

1つ目は、実務経験を積むという方法です。

Webライターの案件の中には、実務未経験の方でも応募できるものが豊富に存在します。

こういった案件は単価が非常に安くなりがちですが、報酬を受け取りながらプロの編集者から添削やアドバイスをもらえる点がメリットです。

ただし、仕事の量や内容によっては、編集者からのフィードバックを受ける機会が限られている場合もあるため、同時に自分で学んでいく姿勢も大切です。

Webライティングの独学方法に関しては以下の記事で詳しく解説しているので、こちらもあわせてご覧ください。

おすすめWebライティング独学方法

2. スクールや講座を利用する

2つ目は、スクールや講座を利用するという方法です。

予算がある方は、Webライター専門のスクールや講座を利用することで、手っ取り早く実践的なライティングスキルが学べます。

また、スクールによっては受講修了後に案件獲得サポートが受けられるところもあるので、コース修了と同時にWebライターデビューができる可能性があります。

おすすめのWebライティングスクール・講座については以下の記事にて詳しく解説しているので、興味がある方はこちらもあわせてご覧下さい。

おすすめWebライティングスクール・講座

3. 自身でブログを運営する

3つ目は、自身でブログを運営するという方法です。

比較的のんびり勉強する時間がある方であれば、自分でブログを運営してみるのがおすすめです。特にWordPressを使ってブログを運営することで、ライティングスキルと同時にWordPressの基本操作などを覚えられます。

またブログを成長させていく過程で、SEOやWebマーケティングも学べ、作ったブログが案件獲得のために利用できるポートフォリオにもなるので、メリットが多い勉強方法だと言えます。

なお、フリーランスがブログを運営するメリット・デメリットや継続させるコツなどについては以下の記事で解説しているので、こちらもあわせてご覧ください。

まとめ・Webライターは副業や在宅ワーク、フリーランスにおすすめの職業!

今回は、Webライターの仕事内容や必要なスキル、なる方法などを詳しく解説しました。

WebライターはWeb業界の中では比較的敷居が低くチャレンジしやすい職業の1つです。パソコン1台あればどこからでも仕事ができるため、フルリモートで好きな場所から働きたい方におすすめです。

また、必要なスキルを身につけていくことで、ライター1本で独立することも十分可能です。フリーランスとして自分の名前で仕事をしていきたい方は、Webライターにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

なお、未経験からWebライターを目指すのであれば、Webライティングスクール・講座に通うのがおすすめです。スクールによってはコース修了後に案件獲得サポートがついていることがあるため、スムーズにWebライターデビューができます。

おすすめのWebライティングスクールに関しては以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある方はこちらもぜひご覧ください。

おすすめWebライティングスクール・講座

今回は以上になります。最後までご覧頂き、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

著者情報

Ryoのアバター Ryo サイト運営者

Web系フリーランス4年目。

WordPressを使った企業サイト制作・改修やSEOを生業としています。

◾️スキルセット
HTML / CSS / SASS / JavaScript / jQuery / PHP / WordPress / Laravel(現在勉強中) / SEO / ライティングなど

目次